薬を使わず1ヶ月で血糖値を下げる効果的な方法

残念ながら糖尿病は薬では治りません!
血糖値を下げる薬はありますが、 あくまでも対処療法です。
実は、○○を少し改善するだけで 血糖値はコントロールできます。

血糖値に関する怖い話とは?

今日は前回の予告どおり、血糖値に関する恐ろしいお話です。

 

 

私もそうでしたが、どうも世間の皆さんは
血糖値について甘い考えを持っているみたいですね。

 

 

■血糖値が高いと経済的な負担が大きくなる

 

 

私が薬物療法をしていた時、血糖値のコントロールが悪いときは
通院と薬代で毎月7〜8千円の自己負担していました。

 

 

さらに合併症の検査やらなにやらが追加されると万単位。

 

 

年間でおそらく12万円は自己負担でしたね。(もちろん、3割負担で)

 

 

インスリン療法だと自己負担が年間 30万円ぐらいにはなるそうです。

 

 

さらにさらに悪くなって人工透析などを受けると自己負担は150万円。

 

 

面倒だとか今は元気だからいいやって放ってしまったら
こんな風に経済的な負担が重くのしかかります。

 

 

血糖値が下がる人の年代は30代から40代。

 

 

子供のこと、家のことで多額のお金が必要な時期。

 

 

糖尿病になってしまえばさらなる不用意な費用が発生するのです。

 

 

■合併症にずっと不安を抱え続けなければならない精神的負担

 

 

糖尿病には3大合併症という命の危険に及ぶものがあります。

 

 

【糖尿病の三大合併症】

 

・糖尿病性網膜症

 

・糖尿病性腎症

 

・糖尿病性神経障害

 

 

常にこれらにおびえ続けなればならなくなるんです。

 

 

とても重篤化しやすく生命の危機にも発展します。

 

 

30代の男性であれば、お子さんもまだ幼く、
家族を支えるためにどんなことがあっても健康で元気でならないのです。

 

 

しかし、糖尿病ともなるとその根本が覆されてしまいますね。

 

 

■その他のデメリット

 

 

金銭的な面と通じますが保険に入るにも保険料が相当割高になります。

 

 

自宅をローンで購入する場合、ローンが組めなくなる不利益を蒙ります。

 

 

特に30代の時はマイホームを買おうと考えたりするころですし、
将来を見据えて保険にも入るときですが、ここでも相当な不利益をこうむります。

 

 

放っておけば、これだけのデメリットを受ける上に、体が弱るのが
早くなるので免疫力も落ちて病気をしやすくなります。

 

 

病弱ともなれば仕事でも多大な影響を請けるのは必至。

 

 

ちなみに私は一度糖尿病が原因で倒れて入院したあと、解雇されました!

 

 

それでも放っておきますか?

 

 

予備軍の段階であればまだ引き返せるのになぜ放棄するんでしょうか?

 

 

太りすぎている場合は特に高血糖値があると糖尿病に移行する確率が
極めて高くなります。

 

 

あなたは、このままで本当に大丈夫ですか?

 

 

確実に血糖値を下げたいと真剣に考えているなら、
コチラを購入した方が手っ取り早いと思います。

 

 

価格以上の価値はありますので。

 

 

次回は、あなたへメッセージが御座います。

 

 

同じ悩みを持つ仲間として宜しければ御覧下さい。

 

 

続きを読む>>>